ほたるBBの 絵と 本と 雑感日記

60代後半に再開したお絵描きと、読書の備忘録。考えさせられたことなども綴ります。

読書感想『日本を捨てた男たち』(水谷竹秀)

[内容]

フィリピンで、ホームレス同然となって生きる男性達のルポルタージュ

副題『フィリピンに生きる「困窮邦人」』開高健ノンフィクション賞受賞

[感想]

本書に登場するのは、日本のパブで働いていた女性をフィリピンまで追いか

けていった人、暴力団の借金から逃亡した人、偽装結婚の詐欺にあった人等々。

 

フィリピンは困窮邦人が世界一多い国だそうだ。

この国は警察もお金で動かすことが出来るほど腐敗していると言われるが、

そんな中で転落した邦人が生き延びられるのは、貧しい人達が困窮者を当た

り前に助ける国民性のお陰だとか。

 

彼らは何故、落ちぶれ果ててもこの国に留まり続けているのか。

 

日本には「国援法」という法律があり、大使館には帰国費用を貸す義務があ

るが彼らの場合は自己責任ということで、相談があった時は親戚や知人に援助

を依頼するための連絡を取ってくれる。

しかし日本を出る時に、後ろ足で砂をかけるように周りの人を傷つけ迷惑を

かけていった男達を助けてくれる人は稀で、殆どが拒否されてしまうそうだ。

 

本書の中で特に印象深かったのが、著者に妻からの切々とした手紙を見せてく

れた男性だ。この人は単身赴任先のフィリピンクラブで疑似恋愛にのめり込み、

退職金を1円も奥さんに渡さず、お気に入りの女性を追いかけて移住している。

 

それなのに今も妻の手紙を持ち続けているのは、本人の言う通り妻に対する思

いなどではなく、おそらく「俺も一端(いっぱし)の人間だったんだよ。」という、

ある種の承認欲求の為だろう。

 

結局彼らは金の切れ目は縁の切れ目で捨てられ、どん底に落ちていくのだが、

万が一日本に戻れても居場所は無くまともな仕事に就くことも難しい。
それでも困窮邦人のプライドは高く、経歴を詐称している人も多いとか。

 

フィリピンで旅行代理店を経営する日本人女性(70才)がいる。

彼女のもとには10年程前から困窮邦人の駆け込み相談があり、数えきれない人

にお金を貸してきたそうだ。しかしお金を返してくれた人は皆無で、彼女は

「100%自己責任。性格が弱い、甘えてますよ。」と言い切る。

 

私が本書を読み終えた時の感想も同じで、彼らの多くは“日本を捨てた人”で

あると同時に、“日本に帰れなくなった人”だった。

転入した日の夕方迄に引っ越し荷物を片付け終える

長男が生まれてから今迄、6回引っ越しをしている。

 

転勤による2回目の引っ越しが決まったのは、北海道で次男を里帰り出産

した直後で、引っ越し予定日は2か月後だと言われた。

 

やむを得ず産褥期(さんじょくき)を終える前に九州に戻ったのだが、幼い

子供2人抱えての引っ越し準備は体力的にも無理だったので、この時だけ

は食器1枚々々から全てを荷造りしてくれる引っ越しパックを頼んだ。

 

それ以外の引っ越しはいつも、荷物の搬入出の他は全部私一人でやっていた

ので、その内要領が良くなり、引っ越し先での片付けは到着の翌日には殆ど

片付いているようになった。

 

引っ越しを体験した人ならよく知っていると思うが、引っ越しをスムーズに

出来るかどうかは、事前の荷物整理にかかっている。以下2点は私の場合。

 

・小物は棚や引き出しの段ごとにキッチリ分けて袋詰めし、その全てに細かく

    収納場所を表記。(決してバラバラにしないのがミソ。)

・それらを詰めた段ボールにどの部屋に置くかを表記して、運送屋さんには

 大型家具同様、必ずその通りにしてもらう。

 

その後の荷ほどきは、一般には生活必需品からするのが良いと言われるが、

私は大きい物や扱い易い物から片っ端に片付けていく。そうしなければ、今

すぐに必要の無い物はつい先延ばしにしてしまうからだ。

 

一度だけ(元)夫が、到着した当日に会社へは行かず手伝ってくれたことがあった。

しかし喜んだのも束の間、夫は段ボールを開ける度に「この本、まだ取ってあ

ったのか、懐かしいなあ。」と、パラパラめくって眺めたりするのでちっとも

片付かない。

 

時間ばかり過ぎて、中々荷解きが進まないことに焦りを感じ始めた私は、とう

とう夫にお願い(宣言?)した。「もし今晩から晩酌がしたかったら、子供達を連

れて2時間くらい公園で遊んできて。その間に片付けてしまうから。」

 

夫は少しムッとした顔で家を出たが、2時間後に帰宅した時には家の中がきれ

いに片付いていたので、驚き呆れながらも苦笑。

 

実は夫と子供達が家を出た後、私は文字通り家の中を走り回って、息を切らせ

て片付けを終わらせていた。まだ若かったから出来たけど、今は普通の引っ越

しすら無理だろう。こうしてみると引っ越し荷物を手早く片付けるには、自分

を追い込むのが一番効果的かも(笑)。

 

クジャクを描いてみた(色鉛筆画)

オスが羽を広げるのはメスへの求愛行動。

しかしこれが人や他の動物に向けられた場合は、

自分の縄張りを主張しているのだとか。

 

クジャクが自分に向かって羽を広げた時は、

好意を示しているわけでは無いので

勘違いしないようにということです(笑)。

読書感想『癌にかかった医者の選択』(竹中文良)

[内容]

末期癌にかかった人達の最後の選択と、癌患者及び彼らを看取った人達の

心情が綴られている。副題『残りのいのちは自分で決める』

[感想]

人生の最後の時、殆どの人が病院のお世話になる。その時は主治医に全幅の

信頼を置きながらも、患者として最低限譲れない気持ちは尊重してほしいと思

っている。しかし現実は、病院や医者の都合を優先されて涙をのむ人も多い。

 

著者は外科医で自身も大腸癌を患ったことがあるため、医者としての立場だけ

ではなく患者視点での解説が心に響く。

 

「1年程で確実に死ねる癌は、ある程度年齢を重ねた人にとっては歓迎すべ

き死と感じられるかも知れない。」…この世にはどれ程辛い病があるのだろう

かと思わせられる言葉で、私などは最後迄こんな風に達観は出来そうにない。

 

『読者からの12通の手紙』…この章では癌患者の様々なケースが紹介されて

おり、副題の「残りのいのちは自分で決める」の意味について考えさせられた。

 

手紙の中に「今後、再発、転移が起こっても手術を受ける気はしません。」と

書いている人がいた。理由は、自身の入院中に沢山の患者を見てきたが、抗癌

剤を受けても完治した人は無く、皆亡くなってしまったからだという。

 

「せっかく苦しまないできた人を、最後に医者の学問的な興味としか考えよう

 のない検査で苦しめてしまい、残念でたまりませんでした。」

これは夫を亡くした女性の言葉だが、私も以前同じような体験をした知人から、

医者に対する不信感と悔しい気持ちを聞かされたことがある。もしかしたら、

この手の話は珍しくないのかも知れない。

 

以下に、医者の人間性や倫理観について考えさせられた話を2つ抜粋。

「結果として残るのは、医学論理を正しく遂行しようとする医者が医学的な興

 味も加わって、運命を拒否して闘いを希望する患者に対して展開するイケイ

ケ医療である。」

「優しさや思いやりは教育よりも生来生まれ持った部分が大きい‐(略)‐そう

 いう人を医者として育てる。」

 

30~40代の医者は殆どが癌との闘いを選択し、50代を過ぎると半分は自然に

任せる選択をするという。ならば私は、最期の時は年配の医者にゆだねたい。

アクシデントで知る上司の器

最近、ネット俗語に親ガチャならぬ“上司ガチャ”という言葉があることを知

った。アンケートによると約6割の人が、ハズレ上司にあたったことがあると

答えていて、内訳を見ると「高圧的」「仕事が出来ない」が圧倒的に多い。

 

私が実家から会社に通っていた21歳の時のこと。

同じ課のМさん(30代後半男性)が、突然会社に遺書を残して失踪した。

会社の調べで分かったのは、大事な取引先から受注した製品を何かの手違い

で納品出来ず、少なからぬ損害を与えてしまっていたという事だった。

 

当時はまだパソコンなど無く、営業担当者にはそれぞれ専任の事務補助の人

が付いていたのだが、Мさんの仕事をしていたのが私だった。

この日から係長が私を責め始めた。

 

「Мの下で仕事をしていて知らなかった筈がない。いや、あんたのミスじゃ

ないのか?」「今迄の全ての取引をチェックし直しなさい!」と怒鳴られ、

それからは、夜の10時頃迄一人で事務所に残って必死に調べる毎日。

もしかしたら本当に私のせいかも知れないと、胃がキリキリと痛んだ。

 

それから1週間経ったある日。悲壮な顔をしたМさんが突然事務所に現れた。

そのまま会議室に向かい暫く課長や係長と話し込んでいたが、その後又事務所

に戻って、皆の前で「君は悪くない。辞めないで下さい。」と、私に深々と頭

を下げた。この時初めて私は泣いた。

 

しかし私は翌日には課長に辞める旨を伝え、1週間後に退職した。

本当はМさんの為にも辞めるべきではなかったと思うが、若かった私にあの

係長の下で働き続ける強さは無かった。

 

Мさんは人望のある人で、今回は大きな失敗をしてしまったが後輩達が課長に

嘆願書を提出した結果、県外へ期限付きの左遷となりクビは免れた。

 

出来る上司は部下の失敗をカバーし、𠮟るべきは叱るが育てることもする。

しかしあの係長のように、正反対の人も珍しくない。

 

それに対してどう対応するかはケースバイケースで、覚悟を決めて正面から

勝負するのも良し、仕事と割り切って面従腹背を貫くのも有りだと思う。

いずれにせよ辞職は最終手段で、大事なのはその経験に潰されないことだ。