ほたるBBの 絵と 本と 雑感日記

60代後半に再開したお絵描きと、読書の備忘録。考えさせられたことなども綴ります。

『ヘアスプレー(主演)ニッキー・ブロンスキー』感想  

[内容]

ダンサーを夢見る、太めの女子高生を中心に繰り広げられるミュージカル。

                     (2007年製作国アメリカ)

ヘアスプレー [DVD]

[感想]

舞台は1962年アメリカのボルチモア。人種や体形に対する差別に焦点が当て

られており、普通なら重くなりそうな内容だが、ストーリーがシンプルで楽

しいミュージカルだった。

 

トレイシーはいつも明るくて前向きな高校生。ビッグサイズの体形だがダンス

が得意で、ヘアスプレーとラジオが有ればご機嫌だ。

ある日憧れのダンサーと踊るのを夢見て、人気テレビ番組のダンスオーディ

ションを受けるが、太ってるのを理由にあっけなく落選してしまう。

 

トレイシーはその日オーディションの為に学校を遅刻しており、罰として

“居残り教室”行きを命じられる。しかしその教室では、思いがけず黒人の

生徒達がダンスを楽しんでいて、すぐに彼らと意気投合。

 

その後トレイシーは幸運にもテレビ番組のレギュラーとなり、どんどん人気者

に。そんな彼女に嫉妬するライバルの母娘の企みが、漫画チックで可笑しい。

その後、白人と黒人が一緒に踊る“ミックスダンス”を目ざしたデモ行進など、

色々な事が起きるが、差別に立ち向かう仲間や両親の支えのお陰で逞しく成長

していく。

 

ジョン・トラボルタがトレイシーの母親役で出演しているのだが、さすが

サタデー・ナイト・フィーバー』(30年前のダンス映画)の主役を演じた人で、

あの特大サイズのファットス―ツであれだけ踊れるのは凄い。

 

あと、太めのトレイシーのダンスもチャーミングだったが、何といっても黒人

の若者達の歌とダンスが素晴らしく、男女共に見惚れるほど良かった。

運動会のお弁当事情

子供達の運動会の時はいつも、朝5時に起きてお弁当作りをした。

九州にいた時は、おにぎりではなく自分で作った海苔巻きを持って行くの

が普通だったので、結構手間がかかったが今では懐かしい思い出だ。

 

料理を仕上げて重箱に詰めた後、それは家に置いて私も開会式に間に合うよ

うに家を出、お昼少し前に急いでお弁当を取りに帰った。

 

社宅の奥さんに1人、資産家のお嬢様がいた。一度運動会のお昼を一緒した

ことがあり、そのお弁当の豪華さに目を見張った。実はそれは 料亭に特注

したもので、彼女の家では親の代からそうなのだという。

 

何年か前、この話をしたら仕出し屋の奥さんが笑いながら教えてくれた。

彼女の店では昔から、運動会のシーズンは家族総出で夜中の12時から何十

家族分ものお弁当作りで大忙しになるのだという。

完成した料理は、奥さん達が前日に持参した重箱に詰められる上に、行楽用

の献立なので多分傍目には注文品とは分からないだろうと。

 

最近は昔よりも運動会のお弁当を作らないお母さんが増え、コンビニ弁当や

ほか弁、中には家族でレストランに行く人もいるという。

時代は変わったものだと思っていたら、それどころか近頃は、子供達だけで

教室でお弁当を食べる学校が増えており、中には時短でお弁当そのものが無

い学校もあると聞いて驚いた。

 

この傾向を残念に思う人達もいるが、今は夫婦共働きの家庭が多いのでお弁当

の用意が楽になったと喜んでいるお母さんも多いとか。

なんか寂しい気もするが、近年は猛暑続きで熱中症の心配もあり、案外これ

で良いのかも知れない。

 

いずれにせよ親として大事なことは、余程の事情が無い限りちゃんと運動会

を見に行って、子供と同じ時間を共有してあげることだろう。

『このゴミは収集できません(滝沢秀一)白夜書房』感想 

[内容]

副題は『ゴミ清掃員が見たあり得ない光景』ゴミ清掃員となったお笑い芸人

が、ゴミ収集のあれこれと、現場から見えた社会と人々の姿を綴っている。

 [感想]

著者は36歳の時、生活の為に非常勤のゴミ清掃員となり、現在も兼業で

この仕事を続けている。

ユーモアのある文章で、“日常のつぶやき”は漫画で表現。時々笑いながらも

この仕事の大変さと、ゴミについて真面目に考えさせられた。

 

ゴミから色々なことが見えるという。例えば地域性と治安、社会の格差、捨

てた人の無意識、お金の使い方等々。 

よく外国人労働者はゴミ出しのマナーが悪いと言われるが、本書を読むと

一部の日本人も大差ないことに驚かされる。

 

日本のゴミの量の多さは世界一で、2位のフランスの2倍近くあり、

焼却所の数は2位のアメリカの3倍近くで、これも世界一だとか。

埋立地の寿命には限度があり、どの県も埋立地が残り少ないことから、リサ

イクルが呼び掛けられている。

 

ゴミを減らすには飲食業の廃棄を減らすなど、やるべき事は沢山あり、

個人が出来る事として「安い物の使い捨てを止める」「リサイクルをする」

「買い過ぎない・作り過ぎない・食べ残さない」を挙げている。

生ごみの80%は水分なので、ゴミとして出す時はなるべく絞るようにとも。

 

その他、「金持ちではない地域は、酒たばこのゴミが圧倒的に多い。」「治安

が悪い場所のごみ集積所は汚い」など、さもありなんな話や、「小さなビニ

ール袋で沢山ゴミを出す時は、結んで出してくれると手間が省ける。」など、

ミニ工夫的な話も面白かった。

『クリミナル2人の記憶を持つ男(主演)ケビン・コスナー』感想 

[内容]

死んだ人間の記憶を移植された男と、国の危機を救う為に闘う男達の物語。

                     (2016年 製作国 米・英)

クリミナル 2人の記憶を持つ男(字幕版)

[感想]

主演のケビン・コスナーは数々のヒーローを演じてきた人なので、映画を観

る前は「悪人に見えないかも」と思ったが、見事に今迄のイメージをぶち壊

してくれた (笑)。


ハッカーの男が、アメリカの核ミサイルを遠隔操作できるプログラムを開発

した。CIA諜報員のビルは、この男の居場所を知る唯一の人間だったが、

テロ組織に拷問で殺されてしまう。

 

CIAは危険なハッカー男を見つける為に、死んだビルの記憶を別の人間に

移植することを決断。しかし移植はまだ研究段階で命の保証は出来ない為、

その移植相手として、死刑囚のジェリコに白羽の矢が立った。

 

ジェリコは親からの虐待がもとで脳に障害を持ち、罪を犯すことに何の感情

も持たない凶悪な男だった。案の定移植手術後に護送される途中で、警備

の人間を殺して逃げるが何故かビルの家に来てしまい、ビルの妻子と会った

ことでジェリコの脳にビルの記憶が断片的によみがえって来る。

 

この後ジェリコとCIA、同じくハッカー男を狙うロシアのスパイ一味との激しい

攻防戦が繰り広げられるのだが、ハッカーが死ぬ前に仕掛けた思いがけない

設定には、こうきたか!と唸ってしまった。

 

ワルのジェリコが自分とは真逆なビルの人格と葛藤しながら、少しずつ愛や

人の心に目覚めていくのが見どころで、配役が豪華でテンポも良く最後まで

楽しむことが出来た。

交通事故で過大な要求をする人

何年か前に近所の奥さんが追突事故を起こし、お互い怪我は無かったが相手

の車が一部へこんでしまった。保険で修理させてもらおうと思ったが、新車

を要求されその後ひと月近く揉めたという。

 

交通事故の場合、加害者側の責任は「壊れたものを事故前の状態に戻す」と

いうものなので、結局修理で済んだが、近所の人だったのでしこりが残って

しまったという。ちなみに相手の車は新車だったわけではない。

 

私も、長い間ペーパードライバーだったが運転を再開してすぐの頃に、一度

だけ車をぶつけてしまったことがある。

駐車場でバックしたところ、高級車にコツンと当たってしまい、見たところ

どこもへこんでなかったが、持ち主を探して謝った。

 

もう一度二人で車の傷を調べたが何もついておらず、その人(女性)は問題な

いと笑っていたが、万が一の時のために電話番号を渡しておいた。

 

はたして、夜になったら電話が来た。

「気付かなかったけど、ダンナが確認したらバンパーに薄い傷が1本入って

たんです。」「修理ではなくその箇所は丸ごと交換したいんですが…。」

 

保険会社によると修理を主張しても良かったらしいが、悪いのはこちらだし

長引かせたくなかったので了承した。次年度からの保険が割り増し料金にな

るのを考え、敢えて保険は使わなかったので、それなりの金額の請求がきた。

 

幸か不幸かこれに懲りてその後運転には慎重になり、昨年車を手放す迄ずっ

と(運転の下手な)優良運転者だった(笑)。

 

ちなみに、“加害者側の保険会社に過小評価されて揉めた”という逆のケース

も結構聞くので、こちらにも注意が必要だ。