ほたるBBの 絵と 本と 雑感日記

60代後半に再開したお絵描きと、読書の備忘録。考えさせられたことなども綴ります。

浦安の舞(色鉛筆・パステル画)

先日孫娘のS(高校生)が、 神社で浦安の舞を奉納。 写真を見せてもらったけど、 初々しくも厳かな雰囲気で 想像以上に良かったです(^^)。

読書感想『2025年を制覇する破壊的企業』(山本康正)

[内容] GAFA他最先端の11社を分析して5年後の未来を予測し、生き残りの術を教示。 [感想] 著者は米金融機関とグーグルを経て、現在はベンチャーキャピタリストとして活躍。 『はじめに』で、未来の生活が小説風に描かれているのだが、自分もその場に居る…

捨て犬や迷い犬を見かけたら

昔まだヨチヨチ歩きだった長男を連れて、親子3人で雑木林を散策していた時 のこと。目の前に突然、白い子犬が現れた。飼主とはぐれたのかと思い周辺を 探したが、いわゆる散歩コースでは無かったので私達以外に人の姿は無く、こ のままでは死んでしまうと思…

フラメンコの踊り手(色鉛筆・パステル画)

郊外の閑散とした駐車場でのこと。 観光施設の名前が書かれたマイクロバスの横に、 7~8人の若い女性が立っていたのだが、突然 輪になってフラメンコを踊りだしたのでビックリ! 皆ジーパンなどのラフな服装だったけれど、彼女 達はおそらくプロのダンサー。…

読書感想『「発達障害」と間違われる子どもたち』(成田奈緒子)

[内容] 最近増えている「発達障害もどき」を解説し、そこから抜け出す方法を指南。 [感想] 著者は小児科医で文教大学教授。子育て支援事業「子育て科学アクシス」代表。 発達障害という概念が急激に教育現場に広がったのは、2002年に文科省から “発達障…

雪道は子供にも大人にも危険がいっぱい

昔は滑り止めの付いた長靴など無かったので、母は幼い我が子が雪道で転ばない ようにと、長靴の足の甲の部分に縄を2重に巻いて縛ってくれたりした。 小学校では先生から、屋根からの落雪やツララの落下があるので決して軒下を歩 いてはいけない、転んだ時に…

ステンドグラス図案のしおり(ガラス絵具)

手元にあるステンドグラス図案集の中から選んだも のを、クリアファイルに模写してガラス絵具で着色。 10枚ほど作ってモビール飾りにしたり、 読みかけの本に挟んだりしています。

読書感想『太陽の子』(三浦英之)

[内容] 日本企業の労働者と現地の女性との間に生まれ、その後母親と共に置き去りに されたコンゴの日本人残留児を追ったルポルタージュ。 副題『日本がアフリカに置き去りにした秘密』 [感想] 著者は朝日新聞記者、ルポライター。 本書は新潮ドキュメン…

能登半島地震、被災ペット達の扱われ方 

2024年 1月1日夕方、能登半島で最大震度7の地震が発生した。 多くの建物が倒壊し大規模な火災が発生。津波や土砂災害によって破壊された家 も多く、沢山の方が犠牲になり未だに安否不明の方々もおられる。 今日は、能登に友人(2人)がいる知人から聞いた話の…

子亀(色鉛筆・パステル画)

去年の春のこと。 近所の人から声を掛けられて家の外に出てみたところ、 我が家の駐車場に、30㎝大のスッポンが鎮座していた。 子供達が触ると危ないので既に警察に捕獲を依頼済とかで、 若い警察官が2人来てくれたけど、捕まえ方が分からない。 結局うちか…

読書感想『ブラック企業/日本を食いつぶす妖怪』(今野晴貴)

[内容] ブラック企業の実態を解明し、被害を受けた当事者に対処法を指南。 [感想] 著者はNPO法人POSSE(ぽっせ)の代表で、若者の労働・貧困問題に取り組んで いる。本書はベストセラーとなり、大佛次郎論壇賞を受賞。 多くの実例と共にブラック企業の様々…

親の長生き子の不幸

子供の頃、母が泊りがけで秋田の実家に出かけた時などに、何回か私達の食事の 世話をしに来てくれた親戚のお婆ちゃん(Fさん)。 小学生の私が買い物に付いて行った時、Fさんが売り物のイチゴを1個つまんで ヒョイと口にいれた。私が「あ、泥棒した!」と思っ…

メンズセーター(色鉛筆画)

(元)夫が起業後に建てたログハウス風の事務所は、 大工職人を束ねる棟梁として(内装工事に入るまで)、 フィンランドから2人の大工さんが来て建てられたもの。 ある日彼らを自宅の夕食に招いたところ、とても素敵な 編み込みセーター姿で来宅。 今回絵の参考…

読書感想『なぜかれらは天才的能力を示すのか』               (ダロルド・A.トレッファート)

[内容] 米・英・仏・独・日本の、過去100年分の文献を元に、サヴァンの症例を解説。 副題『サヴァン症候群の驚異』 [感想] サヴァン症候群と言えば、映画「レインマン」で知的障害のある男性が、床に 散らばった爪楊枝の数を一瞬の目視で当てるシーンを…

少し怖かった夢の話

睡眠中に見る夢は、情報処理の過程を脳の中で再生しているもので、記憶されて いないものを見ることは無いと言われる。 よって科学者は、暗示や予知・正夢を「曖昧な夢の記憶を、現実に関連付けて解 釈しているだけ。」といって否定している。 多くの人が体…

弓道女子(鉛筆・パステル画)

弓道女子は年齢に関係なく、皆さん凛として素敵ですね。 私は真逆で、やる気と集中力の低下を実感する日々。 最近自分に「よっしゃ~!」と、活を入れる回数が増え てるのですが、これ本気で言うと結構効きます。 今何かを頑張ってる人は、是非お試しを (^^)…

読書感想『葬送の仕事師たち』(井上理津子)

[内容] 葬儀の現場の実情と、それに携わる人達の思いや本音に光を当てたルポ。 [感想] 葬儀の専門学校に通う生徒達を皮切りに、葬儀社の社員、納棺師、復元師、 火葬場職員などに、その仕事の内容と彼等の心の内を語ってもらっている。 葬儀の意味・歴史…

不用品の処分やら、シロアリの防蟻処理やら。

年末に自作の人形のうち8体を、神社での供養込みで処分してくれる会社に委託 した。本当はゴミとして処理することも考えたが、それでは扱いが粗末過ぎで後 悔しそうな気がしたので。 ちなみに自分で作った人形は可愛いが、特別な思い入れがあるわけでは無く…

木版画の年賀状

原画絵師 孫si 彫師・摺師 siの母 長男一家の今年の年賀状です(^О^)。

龍の年賀状(鉛筆・パステル画)

龍のイラストは3年ぶり。 よく見ると、どこか故・志村けんさんの 「アイーン!」の横顔に似ているような…^^。

家庭に冷凍ストッカーは必要か

家庭用冷凍ストッカーが人気だという。売り上げが伸びたキッカケはコロナ禍で 買い物の頻度が減ったことや、冷凍食品の増加が影響しているとか。 私は十数年前に料理上手の友人から勧められて買い、それ以来使い続けているが、 食材を無駄にすることが無くな…

歯ブラシとコップ (鉛筆・パステル画) 

向かって左は鉛筆画で、 右はそれをコピーして薄く着色したもの。 “自作の塗り絵”といった感じで面白かったので、 次は人物でやってみたいと思います。

読書感想『メタバースがGAFA帝国の世界支配を破壊する!』(深田萌絵)

[内容] GAFAによるIT業界の支配構造を解き明かし、メタバースを巡る覇権争いの 状況と未来の予測。 『副題』デジタル利権が塗り替わる!日本の正念場 [感想] 著者はITビジネスアナリストで実業家。 前書きにこう書かれている。「GAFAを代表するようなビ…

小学生の時のイボと顎関節症

小5の時、気付いたら私の右の手の平は、一面小さなイボだらけになっていた。 子供心にもイボは恥ずかしくて、ジャンケンの時のパーはいつも手の平を下に 向けていたのを憶えている。 イボに思い当たる原因はなく、家族にそんな人間がいるわけでもない。心配…

犬とクリスマスツリー(パステル画)

30代半ばの時、社宅の奥さんと一緒に短期の ケーキ教室に通い、家でよくデコレーションケーキや シュークリームを作っていました。 今はクリスマスなどに、市販のスポンジに泡立てた 生クリームを塗ったものを作るくらいです^^。

読書感想『老人たちの裏社会』(新郷由紀)

[内容] 問題行動を起こす老人達の実情と、原因・解決策を考察したルポルタージュ。 [感想] 私は若い時、人は齢を取ると良くも悪くも枯れていくものだと思っていたが、 想像と現実は大きく異なり、本書には我欲にまみれた老人が沢山登場する。 本書は7つ…

出自を知る権利

今から20年程前のこと。知人女性が、自分には弟(40代独身)がいるのだが、彼は 父親の浮気で出来た子で、母親の実子として出生届を出しており本人は今もその ことを知らない…と話し始めた。 (昭和の中頃迄、養子を実子として届けることは珍しい事ではなかった…

雨上がりの水滴(色鉛筆画)

水滴が猫の形に見えたので、描いてみました。 あなたは何に見えますか?

読書感想『〈眠り〉をめぐるミステリー』(櫻井武)

[内容] 睡眠中の脳や身体には何が起こっているのかを、医学的に分かり易く解説。 副題『睡眠の不思議から脳を読み解く』 [感想] 睡眠は脳全体ではなく一部分で起きており、睡眠が進化の過程で無くなること はないと考えられているとか。 このような考察…

ペット葬儀社で働く青年 

近所に、80才迄趣味の教室の講師をしていた女性(Тさん)がいる。 私も何年かその教室に通っていたのと、お互い動物好きなのとで話が合い、10 年経った今でもたまにお茶飲みを楽しむ関係が続いている。 1年程前のこと。Тさんから長年可愛がっていた飼犬が亡く…