ほたるBBの 絵と 本と 雑感日記

60代後半に再開したお絵描きと、読書の備忘録。考えさせられたことなども綴ります。

事実であっても名誉毀損になる

昔、近所の公園でのこと。顔見知り程度のご近所Kさん(50代男性)が、ベンチ

に座っていた女性 (60才位)を見ながら、突然私にこう話しかけてきた。「あれ

は赤線にいた女だ。」

 

※赤線=公娼制度が廃止された戦後の1946年から、売春防止法が施行される

    1958迄の12年間、各地に存在した売春を目的とする特殊飲食街のこと。

 

その女性も近所の人で、子どもはいないが仲の良い夫婦だと聞いたことがある。

若い時はさぞかし…という美人で、Kさんによると恋仲になったダンナさんが

大金を払って身請けしたのだとか。                                                                            

 

彼女が赤線に居たことにも驚いたが、それ以上に私はKさんにひいていた。

どこまで本当か分からないが、この人は何のために赤の他人の私にそんな余計な

ことを話すのだろうか?

たまに趣味の会などで、当たり障りのない話として芸能人のスキャンダルが話題

に上ることはあるが、ご近所さんのこういう話はアウトだろう。

 

法律には名誉毀損罪というのがある。

「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損したものは、その事実の有無にかかわら

、3年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金に処する」

 

ひそひそ話程度なら訴えることは出来ない。

しかし、以前(数十年も前のことだが)ある事無い事を言いふらして知人女性を追

い詰めた3人の主婦が、裁判で賠償金を命ぜられた…という事例も有るので軽く

考えない方がいい。

 

最近よく見るのは、インターネットでの誹謗中傷で訴えられるケースだ。

匿名でも発信者が特定されることが殆どで、そのような記事をコピーして拡散さ

せて罪に問われることもあるので、要注意だ。

 

逆に名誉毀損などと言ってられない、皆で共有したい情報もある。

昨年「こども家庭庁」が発足し、子供を性被害から守る為の制度「日本版DBS」

についての議論が進められている。

※DBS=イギリスの「前歴開示および前歴者就業制限機構」のこと。

 

子供への性犯罪は再犯率が高いので、子供達を守る為には彼らを2度と子供と接

する職業に就けないようにする必要があるが、DBSが導入されれば、過去の性犯

罪歴を確認して採用の可否を決められるようになるという。

 

ちなみにこの手の犯罪は学校や幼稚園だけではなく、学習塾や習い事の教室、シ

ッターの派遣などでも起きているので、このシステムがどの範囲まで適用される

のか、その辺も気になるところだ。