ほたるBBの 絵と 本と 雑感日記

60代後半に再開したお絵描きと、読書の備忘録。考えさせられたことなども綴ります。

『コーラス (主演) ジェラール・ジュニョ』 感想

[内容]

合唱を通して心を通わせる、音楽教師と寄宿舎の子供達の物語。                                                (2004年 製作国フランス) 映画賞受賞

コーラス Blu-ray

[感想]

戦後間もない頃町のはずれに、孤児や問題児を集めた『池の底』と呼ばれる

寄宿舎があった。

 

そこに中年独身男性のマチューが、舎監としてやって来た。ここの生徒達は

想像以上に反抗的で悪さばかりしており、それに対して校長は、自分のこと

しか考えていない人間で、規律を乱すものには容赦なく罰を与えた。  

 

そんな子供達にマチューは、自分の経験を生かして合唱を教え始める。

最初は彼が作った歌で興味を引き、その後少しずつ本格的な練習に進んでい

った。 問題児のモランジュは最初コーラスに加わろうとしなかったが、

素晴らしいボーイソプラノの持ち主だった。

 

それからも色々な事が起きるが、子供達は徐々に上手になっていく。しかし

校長はそれが気に入らず、授業中の歌の練習を禁止してしまう。

それでもマチューはへこたれず、今度は授業が終わってから教えるようにした。

 

その頃矯正施設から来た、皆より少し年長でワルのモンダンが寄宿舎で暮らし

ていたのたが、ある日彼がお金を盗んだと疑われ、校長に殴られたあげく憲兵

に引き渡されてしまった。マチューはすぐにモンダンの無実に気付き、校長に

掛け合うが相手にされない。

 

それから何日か後のこと。マチューと子供達が一緒に外出している間に、寄宿

舎が放火されて、マチューは校長から火事の責任を取らされクビになる。

 

子供達への思いや、はかなく終わった淡い恋も、全ては思い出となって寄宿舎か

ら去るマチュー。しかしバスに乗り込む時に、彼の素晴らしさを再認識させる出来

事が起き、私も感動の涙をポロリ。

少年達の合唱も聞きほれる程素晴らしく、家族で観るのにお勧めだ。